Yuichi Nakashima


For approximately half of my career, my work as a creator has been guided by my response to the attitudes of society.

It started with a general feeling of inferiority about my own body. I’m not sure what triggered it, but this feeling made me
nervous about how I appear to others. Over time, this developed into a real fear, until I decided, ‘I want to do something
about it.’

This lack of confidence in my appearance developed in me a strong interest in looking for ‘something nice to wear’,
which in turn, led to a desire to make clothes. Although I started my story from a position of purely being interested in
what is on the surface, I soon realised that clothes alone couldn’t make people attractive, which made me sad. But then
I became more curious about what a human being actually is.

It made me recall a movie that I watched when I was a student, which left a vivid impression that is hard for me to put
into words. Intuitively, I contacted a theatre company and asked if I could work as a costume maker, as I thought this
was the best way to combine my practical interest in making clothes and my philosophical interests in the nature of
humanity. I ended up working for three theatre companies.

Subjectively, clothes are the closest environments for our bodies; objectively, they could embody characteristics of
ourselves.

Over time, my attitude towards my work has changed. Sometimes, theatre costumes are for a more definite purpose
than everyday clothes. At the same time, a costume is saying, ‘This person is such and such.’ The symbols have to be
interpretable for an audience, so it is also a function of language.

One day, I had a revelation: I thought to create a human shape without using flat fabric and colours. I wanted to create
something that allowed a person to wear their circumstances, experience and a state of mind. But by doing this, I was
stepping out of the parameters of just being a costume maker.

A traditional costume designer’s world is limited to the wardrobe department, but what I was trying to do had the possibility
of influencing the script writer. I felt it exceeded my role as a costume maker, so I began looking for opportunities to try it
outside of the theatre company. I was unable to find a community that I could collaborate with comfortably, so I began to
think about doing this project on my own, which led me to the art world. I thought, ‘Art is the place where I can express the
things that I am unable to do in the theatre.’

I realised the starting point for what I had been doing as a costume designer was always based on the ideas of someone
else (script writer, director etc). I had never created something by myself from ‘zero’ to ‘one’, I had always been using
someone else’s ‘zero’ as a starting point.
I started to think about what I could do, what my roots are and what my speciality is, but I couldn’t get any clear answers.

I had never thought about it seriously, other than I don’t have a lot to be proud of myself about.
Then I came up with the theme ‘What is Identity?’, which became the basis of my work entitled ‘404’.

I was interested in how ‘zero’ became ‘one’; how – from the time we are born – accidental experiences and circumstances
that we cannot control effect and form us. I did three exhibitions based on my interest in individuals and identity.

I see the relationship between individuals and the environment that shapes them as being the same as the relationship
between human beings and the clothes they wear.

Human beings are mysterious, and there are many unexpected actualities in the world around them. I behave and create
in response to the influences of society – and I will use any medium to achieve that.

I will follow my heart and continue to work in the space between ‘zero’ and ‘something’ to ‘something else’ and imagine,
next, it could be ‘three’.






 自身の作家としての半生は影響に対する反応によって方向づけられてきたように思います。第一の反応は自身の体のコ
ンプレックスに対するものでした。それが形成された理由は未だ不明ですが、それが元になり「自身が他人に見られるこ
と」の意識を過剰にし、時に恐怖心に代わったことも事実であったと思います。予めの自分の存在に自信が持てず「なん
とかしたい」という思いが、容易く人間が身に着けられる「衣服」と「服を作ること」への興味に繋がったのではと思い
ます。表面的なことへの関心からスタートしましたが逆説にも気づきました。服で人が格好よくなれるのではなく、格好
いい人が着るからそう見える、つまり服で人を格好よくすることはできない、ということでした。(それだと自分は格好
悪いままじゃないか、という落胆もあるのですがそれはさておき)そこで、じゃあ人間って何?という新たな関心がわき
ました。


 自分はふと学生時代に観た舞台を思い出しました。それは言葉にできない鮮烈な印象で、このような作品世界はどのよ
うにして作られるのか?と興味を持っていたことを。人間や衣服についても興味深い発見ができるのではないかと思い、
直感的にその劇団へ連絡し、衣裳をやらせてほしいと話しました。舞台の世界で仕事をしようと決意し、ある三つの集団
と仕事がしたいと思ったので、それを実現していきました。衣服は主観的には体から一番近い環境であり、客観的にはそ
の人自身を表す特徴にもなりえます。舞台芸術に関わり垣間見た、世界を普段と違った角度から眺め思考するという態度
は、使うことがなかった新しい鏡で自分たちの世界を捉えなおすことのように思えました。


 衣裳の仕事に対する意識にも変化が生じてきました。舞台衣裳制作は普段着よりも用途・目的が明確な場合があります
。それはある意味で「この人は何々である」と、服によって記号・タグ付けをする行為でもありました。記号とは一定数
の者が共通に解釈可能な必要があるので、言語機能の役割にもなります。ある時、自分はその方法を少し変えてみたくな
りました。物理的な平面の布と色で作られた形、それ以外の方法で人物を形作ることを考えました。そうして思いついた
ことは「現象を着せること」でした。ある状況や経験、心境などを身に纏うことを考え実行してみました。しかしそれは
一つの壁を越えてしまうことを意味してもいました。舞台作品制作では衣裳家は一スタッフにすぎず、自分が思いついた
方法は脚本家が予め描く作品構想に影響を与えかねません。衣裳という役割をはみ出てしまったと感じましたが、その新
たな方法を試せる機会がないかと周囲をうかがいました。しかし一緒に協働してもらえそうな集団にはなかなか巡り合え
そうにありませんでした。でも探求心は消えなかったので、自分一人でできることをやってみようと思い、目についたの
が美術の世界でした。美術のことをいろいろ調べていくうちに表現の懐の深さを感じるようになり、「ここなら舞台芸術
の世界で不可能と感じられたことができるかもしれない」と思いました。


 しかし、ある別のことにも気づきました。それまでの衣裳という仕事はまず自分以外の作家が構想した作品に付随する
ものでした。自分が0から1を作るのではなく、作られた1に花を添えるような仕事です。ですから、自分が1を作らな
ければならなくなりました。何ができるかを考えました。自分のルーツや特異性は何か。しかし、特に何も見当たりませ
んでした。自分には誇れるような個性が何もないと思いましたが、一方で、それについてじっくり考えてみたことがない
と気づきました。ならば何もないことそれ自体をテーマにしよう、そしてアイデンティティとは何か?を制作の動機とし
よう、と思い立ち「404」という作品を作りました。それは0に対する1がどのようにして生まれるか?を知りたいと
いう好奇心でもありました。生まれた時代や偶然の経験、選べない状況など、それらが個に対してどのように影響してど
んな形になるのか、自分とは何かを探る、ということのきっかけになり、自身にとっての環境論の探求となりました。そ
のような、個やアイデンティティへの関心を基にした展覧会の企画を三つ思いついたので、数年かけて実現しました。


 主体的なものとそれを包む環境、言い換えれば人間と衣服の関係もそうですが、なぜそれらに興味を抱いたかというと
、自分自身には何もないと感じていたからかもしれません。自分から見える人間はいつも不可思議な存在で、それらを包
む世界も想像外の現実がたくさん存在する。自分は影響に対する反応で何かを作ったり行動したりしてきましたが、それ
はある種のメディウムのような形であったのかもしれません。何かと何かの間で、自身はゼロのまま、次の3つを考える
、ということを、心動かされるままにこれからもやっていくのかなと思います。


                                            2021年7月 中嶋佑一